ツアー終了!!

1月8日から23日間の超ロングツアー!! 毎朝必ず金澤英明と顔を合わせ車に乗り込み、youtubeを聴いたり、国会中継を聴いたり、落語を聞いたり。そしてお腹が空いてくると食事する所を探し、腹ごしらえして次の目的地へ向かう。そして演奏し眠りにつく。。。ロードムービーのような男二人旅。気ままで良いもんだ。
音楽も、『譚歌』をリリースしたものの、この中から演奏曲目を決めるわけでなく、気ままに思いつくままに。
この1日の2時間のステージに全てを集中させるが為に他の時間をゆるーく過ごすのだ。緩急ってやつですな。

初日はまず静岡県袋井市の「マムゼル」から。落ち着いた内装の素敵なお店だ。手始めな感じを通り越し、すでにやる気満々の演奏。このペースで最後まで持つのか!?

そして二日目は遠州灘を眺めつつ、岡崎市へ。住宅街にふっと現れるお寿司屋さん「結」。入り口から入ると目の前にピアノが現れる。ピアノも「marchen」というみた事ないメーカー。カワイ系らしい。

この日は岡崎の素敵なヴォーカリスト今岡友美さんとのライブ。この人の魅力、何なんだろう、どこまでも自由だし、何物にも縛られていない自由さだ。そしてステージから愛を振り撒くというより、一人一人の手元にさりげなく丁寧に届けてくれるというかなあ。。。。上手く言えないけどそんな感じの魅力だ。

そして、ここ結の大将の握ってくださる寿司の美味さ、寿司だけじゃ無く料理、食べ物が大好きで大好きで仕方ないんだなあという気持ちがビンビンに伝わってくる方だった。

三日目は京都へ移動。友人の権代さんとプチ京都見物。嵐山の天龍寺〜清滝〜広沢池へ。そして翌日は権代さん宅でのプライベートライブ。彼のスタジオにはピアノだけでなく、ハモンドオルガン 、エレクトーンなど沢山の鍵盤楽器の宝庫! 実は僕は子供の頃からヤマハエレクトーン教室育ちなので、久しぶりにここにあるヴィンテージエレクトーンEX-42という楽器を弾くという課題が課せられていたのだ。昔弾いていた曲を弾いたがそりゃあ大変でした。けど自分の原点に帰った気がして楽しかったのも事実(^_−)−☆

五日目は大阪南港から北九州へ向かいます。去年もやったフェリー移動ってやつですな。夕方出港、翌朝5時半に門司港着。そして真っ暗な中を福岡空港近くの温泉へ。そこで一風呂浴びて仮眠zzz

この移動日から体内時間と体調が狂い、しばらく体調不良の日が続いたが、なんとか持ち直す。

ツアー中盤九州編初日(六日目)は博多の名店「New Combo 」。今日は地元のドラマー原田迅明さんをゲストに迎えてのトリオ。ほとんどリハも無しでこちらのレパートリーばかりにも関わらず流石のプレイ!

七日目は博多「GATE's 7」にて山口葵さん(vo)の新しいCD「Recollectionー回想ー」発売記念コンサートでした。超満員のお客様を前に堂々のステージ。素敵なコンサートでした.

八日目は僕だけ大阪へ。大阪音大の今年度最終授業があり、毎年行っているレコーディング実習。みんな個性を大切にする事を学び、将来有望!!そのうち一緒のステージに立つこともあるかな?とにかく楽しみな生徒たちです!!

九日目、熊本に飛行機で戻り、オフ。かなり体調もキツイがオフを多めに取ってもらってるので体調を戻す為、大人しめのオフだ(笑)

十日目、昼間に少し散歩。熊本城の復旧がかなり進んでいた!石垣をちゃんと元通りの位置に戻すスゴ技(*'▽'*)
この日1月17日は阪神・淡路大震災から25年。熊本地震から今年で4年。東日本大地震から今年で9年。これからも南海トラフ地震などの可能性も高まる今日、いつ起こるかわからない自然災害にいつも危機感を持ち耐震性を全ての場所で強化して欲しいなと思う。そんな中、伊方原発3号機の運転差し止めのニュースは当然のことと思います。

夜は熊本といえばここ。名店「おくら」。壁から天井から調度品までジャズが染み付いていて音を出せば共鳴し始める♫二日間のブランクが良い意味で新鮮に感じる。ええ感じや!!
トランペットの齋田和孝さんが飛び入り。日野さんの名曲「Alone,Alone and Alone」を。久しぶりに弾いたな。

11日目は移動日。熊本を出発し、下道をのんびりと霧島へ向かう。いやあ長閑だ!!
途中、吉都線の「えびの駅」に出くわす。大正元年開業当時から現存する木造駅舎として国の登録有形文化財に指定されている、それはそれは歴史を感じる駅舎でした。ここから出征した兵隊さんもいたであろう。
その後、新燃岳近くの新湯温泉に入ってから霧島入りと、何とも理想的な一日。

12日目は姶良市『ウエルビークラブ』。毎回霧島でお世話になる今村真由美さん、永井明さん。永井さんが作るバクーンプロダクツの音響システムを使い、真由美さんが歌う。この素晴らしいお二人のおかげで素晴らしいコンサートでした。フィットネスクラブのロビーで行われるコンサートは、外からの陽の光も気持ち良くお客様も非常にリラックスして聴いているのがわかる。
真由美さんは年明け早々両足を骨折するというアクシデントも乗り越え素敵な歌声で会場を魅了したのでした。この日は夕食を自炊するという暴挙に(笑)霧島の真由美さん宅は主人が留守なので、男5人で自炊。金澤さんはカレーを、僕はゴーヤチャンプルを。なかなかのものでした(*'▽'*)

13日目鹿児島市内へ。リモネアホールは吉田透さんの会社の会議室をオーディオリスニングルームにした趣味のお部屋。ライブもガンガンやっている。始まる前にエバンスの「Portrait in Jazz」のアナログテープを聴かせて頂き、改めて途方もないレベルのクリエイティビティ、生々しい音に打ちのめされてからのライブ♪(´ε` )今日も妙に没頭した譚歌デュオでした♫
たまたま鹿児島に来ていた安カ川大樹も遊びに来てくれて嬉しかった‼️打ち上げは鹿児島の黒豚といえばここ「とんちん館」🐷やっぱ最高〜😋

14日目。ポカポカ陽気の鹿児島😃少し散歩。無邪気のシロクマが工事中で食べられなかった。。。😢天文館はのんびり歩くのに最高‼️せかせかしてる人なんかいない。
この日初めて知覧の特攻平和会館に行った。こんなにも沢山の若者達がこの知覧から特攻に出発し、尊い命を国の為に捧げた事実を目の当たりにし、何ともやるせない気持ちで一杯になった。。。特攻に限らず戦争がいかに無残で非人間的行為なのか。改めて思いが深まった‼️こういう事実から目を背けず反戦の気持ちを強く持たねば。

夜は天文館にある「吉次郎」。もちろんマスターが吉次郎さんだ。店に入った瞬間に好きな場所だと感じる。金澤さんが「石井を一度ここに連れてきたかった!」と言ってくれた意味がすぐさまわかる。金澤さん、ありがとう‼️とにかく良い音楽と美味い酒が(飲まないけど)ある。そんなシンプルさの中で音楽を貪った夜。鹿児島最後の夜に相応しい1日でした😃また是非ここに来たいな〜吉次郎さん、ありがとうございました。

15日目、佐賀へ移動。雨が降っていたこともあり、ほとんど部屋でじっと休む。おかげで翌日は体調も少し回復、晴れたので少し散歩も。佐賀の街並みには沢山の恵比寿さんの石像が見られる🙏88ヵ所だそうで、個性溢れる9つの恵比寿さんに出会えました。

16日目九州最終日。佐賀の音天国「シネマテーク」‼️スタインウェイの調子も抜群♫アナログレコードの音も凄まじい。

この日は佐賀ではいつもご一緒する須古大寛(as)さん、杉谷信政(ds)さんをゲストに迎えてのライブ。杉谷さんは金澤さん曰く、「僕をジャズの道に引きずり込んだ張本人」。須古さんはお寺のご住職。それは素晴らしいご両人でした。終わってからのモツ鍋も美味かった〜😋最高の九州最後の夜でした!!

17日目は移動日。山口の湯田温泉で一泊。「ポルシェ」という老舗ジャズ喫茶に訪れたり、温泉に何度も入ったり。正に気ままな珍道中やな。


もうホンマにスタートしてどれくらい経って今日が何日で何曜日なのかわからんようになってきた。。。😅そもそも分からんでも何の支障も無いという事だけは分かってきた‼️

そんな18日目は広島へ。山口から広島に向かう途中、宮島近くで牡蠣を食べ、広島はやはり牡蠣じゃけん‼️と唸り、夕方には呉の仲摩先生と八昌のお好み焼きを食べ、広島はやっぱりお好み焼きじゃけん‼️と吠える。Lush Lifeではリエさんの優しい笑顔に迎えられ、沢山のお客さんに喜んでもらえて。。。最高じゃ〜・:*+.\(( °ω° ))/.:+

19日目は石井家ルーツの地、岡山県。浅口市が地元で鴨方町の平喜酒造も毎年行くし、倉敷も頻繁に行くが、なぜか岡山市内で演奏した事はほとんど無い。
「SOHO」は初出演‼️マスターの岡崎さんはドラマーでピアノも弾かれる。店内にはアコースティック楽器の他、何と2台のハモンドオルガン B-3があり、フェンダーローズもあり、何やらマニアックな香りが充満している。遠くからのお客様も沢山いらしてくれて、懐かしい顔の数々。。。ありがとうございました。
セカンドステージではマスターのドラムの飛び入りもあり、素晴らしいスイング感、見事なソロを聴かせて下さいました。打ち上げは美味しい牡蠣‼️瀬戸内海は広島だけでなく岡山の牡蠣も有名なのですぞ。
いやあしかし、こんなに素晴らしい所を知らなかったとは迂闊だった‼️また是非お邪魔させて頂きたいです(^_−)−☆

20日目、大阪へ移動しオフ。夜は西成のホルモン屋へ〜年末中野で一緒にやったMitchと。彼は音大の後輩であります。ニューオリンズの楽しい話などで盛り上がる。

21日目、今や大阪と言えば『Ten-On』‼️というくらいハマってる場所。地下鉄谷町線の関目高殿駅。。。と言ってもなかなか分かる人も少ないかな?(失礼!)僕は実家が都島だったので地元気分。
マスターの仲田哲也さんはギタリスト。数年前にパーキンソン病を発症されるもバリバリに音楽活動をなさっているど根性の人。そして奥様の奈緒子さんは音大出身の先輩。出会うべくして出会った場所なのだ。

千秋楽の22日目。名古屋LOVELYに無事辿り着き、ホッと一息。串カツラブリーで腹ごしらえし、いざ千秋楽結びの一番‼️

譚歌のステップアップした形が明確になったツアー、それは体力的に大変だったけど、実りあるツアーになりました♫この無謀とも言える計画を企んだ金澤英明さん、計画を聞いた時は「無理や〜」と思いましたが、気遣ってオフを多めに作ってくれて。僕らの演奏がない時は3日ほど自分だけ仕事入れて演奏してましたけど。。。。どんだけタフやねん!? 朝(世間的には昼)チェックアウトの直後くらいから「腹へった〜!」を連発。これにずっと付き合ってると腹の具合が悪くなるので、適当に付き合ったり付き合わなかったり。以前は昼にステーキとか平気だったのに衰えたもんやなと実感。金澤さんは音楽的にもタフだ。

そして、大酒を飲み、部屋に戻ると爆睡zzz 僕は酒はほぼ飲まない。ツアー中、ビール2杯、マッコリ一杯だけだ。そして部屋に帰っても直ぐに寝れずに映画を見るのが日課。

性格もかなり真逆。よくぞ22日間も喧嘩もせず、音楽もマンネリせずに続けられるなあと、我ながらびっくりだ。正に凸凹コンビ、それが裏二重奏改め「譚歌Duo」だ。


我々のCD『譚歌』は通信販売も受け付けております。というか、ライブ会場でのご購入以外、今のところ無い状態です。どうぞお聴きになって頂きたいです。

お申し込みは、   cdtanka2019@gmail.com    までメールを頂ければ対応させて頂きますので、
よろしくお願いします。

久しぶりに沢山の写真をアップします。どうぞご覧下さい! 

スライドショーはこちらから!!

投稿者 石井彰 : 02:13 | ライブ | コメント (0) | -

2020年!!

明けましておめでとうございます。今年は元気に新年を迎える事ができました。

昨年の出来事として、20年間在籍した日野皓正バンドを辞め、自分の音楽にほぼ集中できた事。「Chamber Music Trio」with 須川崇志(vc)杉本智和(b)での活動が軌道に乗ってきた事。「Boys」with 金澤英明(b)石若駿(ds)並びに「裏二重奏」こと金澤英明とのDuo活動に深みが出てきた事。小林真由子(箏)定村史朗(vn)との活動に「Three Wisdoms」というバンド名が付き弾みがついた事。「12本の弦と5人の男」with 定村史朗(vn)石井智大(vn)瀬尾高志(b)芳垣安洋(ds)という不定期だが実験的な2ヴァイオリン+ハモンドオルガン のサウンドを追求し始めた事。「久遠」with 白石雪妃(書)小林真由子(箏)加藤ひろえ(華)石井智大(vn)近藤BOSS功史(photo)という実験的アートイヴェントを浅草長昌寺で再演できた事。Bill Evansのドキュメンタリー映画「Time Remembered」の上映後にスクリーンの前でライブをするという光栄な事。Rani Singam(vo)さんとの交流が深まり、デュオコンサートの為、初めてシンガポールの地を踏んだ事。上妻宏光(三味線)佐藤竹善(vo)との異種混合ミュージックを体験できた事。

沢山の思い出深い活動がありました。

昨年はアルバムも沢山発表できました。『Boys10』with金澤英明(b)石若駿(ds)ANTX DEDE 、『TAO』with ATM マサオグラ(ds) 須川崇志(b)ダイキムジカ、『THINKKAISM』with松丸契(as) 金澤英明(b) 石若駿(ds) 高橋直希(ds)SOMETHIN' COOL 、『Beyond The Mirage』with 日野皓正(tp)加藤一平(gt)杉本智和(b)石若駿(ds) B.J.L. / SPACE SHOWER MUSIC 、『譚歌-TANKA』with金澤英明(b)ANTX DEDE。

今月8日からNew Album『譚歌-TANKA』を携え金澤英明と二人旅に出ます。これも毎年恒例となって来ました。東京より西の方角ですが皆様に、より深くなった「裏二重奏」の音世界を体験して頂きたいと思います。どうぞよろしくお願いします!!!

NEW ALBUM「譚歌」RELEASE TOUR 2020
2020年1月
 8日 マムゼル(袋井)
 9日 結(岡崎) + 今岡友美(vo)
13日 ニューコンボ(博多) 石井彰+ 原田迅明(ds)
14日 GATE’S7(博多) 山口葵(vo) CD発売記念コンサート
17日 おくら(熊本)
19日 ウェルビークラブ(姶良市) + 今村真由美(vo)
20日 リモネアホール(鹿児島) 
21日 吉次郎(鹿児島)
23日 シネマテーク(佐賀)
25日 ラッシュライフ(広島)
26日 SOHO(岡山)
28日 TEN-ON(大阪)
29日 Jazz in LOVELY(名古屋)


今年の抱負と言えば、まず病状を悪化させない様に体調管理をしっかり第一に考えた仕事の仕方を考える。働き方改革(笑)昨年の反省点の無理な仕事のペースをもっと引き締める。これに尽きます。なんか穴空きまくった政策みたいだし😅けれども自覚だけでできる事だと思ってやります。
あと、昨年撒いた種をしっかり大切に育てて行く。育って来たらさらに大きな花を咲かせられる様に努力して行く。こういったところです。欲張らない程度に新しい事を始める。

そして、日本の行方を心配し、発言できることは発言し、反対する事には声を上げて行く。新年早々トランプ大統領の看過できない越権行為が行われ中東情勢の不安定さ、自衛隊の中東派遣における危険度が高まっています。一国民として政府の行動を見極めなければならないと思っています。そして、国内に山積みの災害復興事案。台風や水害に遭われた方々が早く安心して暮らしていける様に祈るばかりです。今年はオリンピックも開催されます。開催ホスト国として世界に恥じる様な事のない日本で在りたいと願うばかりです。

投稿者 石井彰 : 15:32 | ライブ | コメント (0) | -

師走!!!

とうとう令和元年も残すところあと一月。師走ですね。今年は病気の為、日野皓正さんの元を離れ、自分の音楽追求に全てを注ぎ込む覚悟で活動してきました。体調を考慮してスケジュールを組んで行こうと思っていたのですが、ちょっと頑張りすぎてしまった様です。。。(^^;;

来年はもう少し余裕あるスケジューリングで制作も充実させていきたいなと思っています。


さて、今年がぜん意味を帯びてきたバンドがあります。

小林真由子(箏)定村史朗(vn)石井彰(p)この、珍しい組み合わせのバンドはこれまで3、4ヶ月に一度の割合でセッション的に行ってきました。機が熟してきたので、来年は活動を加速しようと思います。旗揚げ記念に3人での初のホールコンサートをとり行います。

バンド名〜Three Wisdoms〜 三つの智恵という意味です。僕の守護神は文殊菩薩、智恵の神です。マニアックな話になりますが、仏教の釈迦三尊像、釈迦如来を中心に両脇に文殊菩薩と普賢菩薩というスタンダードな形があります。慈悲の賢者普賢菩薩と共に三位一体で釈迦と共に世界を築いていこう。こんなイメージでネーミングしました。

『寒空の 渋谷に集いし 三つの智恵』

邦楽、ジャズ、即興演奏が渾然一体となった唯一無二の世界観を表現したいと思っています。今を生きる日本の音。是非体感して頂きたいです。年末の慌ただしい時期ですが皆様のお越しを心よりお待ちしております🦹‍♀️🦹‍♂️❣️

12 / 13 (金) 渋谷 Hall & Studio
"Three Wisdoms" ~Prelude~ The 1st Concert /
小林真由子(筝) 定村史朗(Vln)石井 彰(P)
 開場 18:30 開演 19:00 ¥ 3000  https://www.shibuyahall.com/
<<チケット予約は、メンバーそれぞれへご連絡ください。ライブ会場でも販売致します>>




投稿者 石井彰 : 18:00 | ライブ | コメント (0) | -

緊急告知

『急なお知らせです‼️』

10月12日に予定されていました、岡山鴨方町平喜酒造主催「Jazz in HIRAKI」は、台風の影響が及ぶとの判断で中止となりました。楽しみにされていたお客様には大変申し訳ございません。吉田美奈子さん、金澤英明、江藤良人、石井智大〜という珍しい組み合わせのメンバーもとても楽しみにしていたので残念でなりません。

交通のマヒの可能性、屋外での利き酒会もあるものですから、お客様の危険を回避した平喜酒造さんの判断は正しいかと思います。いつかリベンジの機会を是非!!!

なお、既にチケット購入されたお客様につきましては、後ほど主催者から払戻しの連絡があるかと思われます。どうぞよろしくお願い致します。

『気を取り直して』

ショックなことは最小限にしたいってことで、11日は大阪へ向かいます😎大阪〜岡山の旅の予定でしたが、大阪弾丸ツアーです。台風をすり抜けて参ります😉JAZZ in HIRAKIの前哨戦でしたが、こちらが大メインに。

石井彰(p)石井智大(vn)金澤英明(b)江藤良人(ds)

10月11日(金)大阪関目高殿『TEN-ON』
6:30open 7:00start 予約:\3000 当日:\3500
大阪市旭区高殿7-15-5
(Tel) 06-4254-0172
(E-mail) rxu00261@nifty.com

投稿者 石井彰 : 03:40 | ライブ | コメント (2) | -

ご報告。

先月の8月31日、倉敷芸文館でのコンサート、沢山のお客様のご来場を頂きました。本当にありがとうございました。

石井彰(p)金澤英明(b)江藤良人(ds)ゲスト竹下尚子(vo)というメンバーで、大変な盛り上がりでした。このコンサートの大切な目的は、私が患っている「球脊髄性筋萎縮症」をはじめ、日本に沢山いらっしゃる難病患者さんを救う為、日々研究を重ねてらっしゃる研究者、機関へのドネーションでした。

このツアーでは、お二人の同じ病気と闘っている方とも知り合えました。大阪「TEN-ON」ではパーキンソン病患者バンドに参加する事によって病気で苦しみながらも音楽を演奏し続ける方々と知り合いました。パーキンソン病のお客様もライブに来て頂きました。

これまで、自分が難病にかかるなど、夢にも思いませんでしたし、同じ病気の方がどのような困難にぶつかっているのか知る由もなく、診て頂いている先生との会話、HP上での情報しかありませんでしたから、変な言い方ですが仲間が増えて心強く感じましたし、勇気が湧いてきました。

倉敷のコンサートでは会場で募金をお願いしたところ、\58,731の賛同を頂きました。ここに厚く御礼申し上げます。ここに私が追加募金しまして、\65,000を『公益財団法人 難病医学研究財団』に寄付させて頂きましたので、ここにご報告させて頂きます。

知り合った患者さん家族の方もおっしゃっていました。「患者も、治療法を見つけてください〜!と待ってるだけではダメ。その研究をして頂くために援助も必要なのでは?」
まさにその通りだと思います。これからは受身だけではなく、積極的にこちらからもアプローチしていこうと思っています。

最近は少しスケジュール管理の仕方が悪いな〜と反省してます(/ _ ; )連日のライブで後半の息切れや演奏後の手の硬直などがありますが、来年からはもう少しセーブして体力的にも精神的にもゆとりある生活していこうと思ってます。精神的なゆとりは自己免疫力を上げるな〜と実感することもありますしね(^_−)−☆

最後になりましたが、このコンサートを企画くださった土井美智子さんに感謝の意を表したいと思います。ありがとうございました!!

投稿者 石井彰 : 01:17 | ライブ | コメント (4) | -

お寺ライブ。

猛暑もひと段落といったところでしょうか。今月前半は世田谷Dream Jazz Bandのワークショップ〜本番と、大変なスケジュールでした。毎年の事ですが、最初は楽器も初心者が多く表情も乏しい。。。それが練習を重ねて行くにつれ、楽器の上達はもちろん、たくましい人間に急激に成長して行くのが目に見えてわかる。そして本番には若いパワーを爆発させ、素晴らしいコンサートを聴かせてくれたのだった。

毎年いろんなドラマが生まれるこの『ドリバンコンサート』。今年はとても良いオーラに包まれた心温まるものだったなあ。。。ホッと肩の荷が下りて、体調崩してしまいましたが_(┐「ε:)_

さて、今月後半は三つの大切なライブがあります。

8月24日(土)  水戸『Girl Talk』
石井彰 Solo Piano Live
SHOWTIME:16:00(2nd.17:30)OPEN:15:00 CHARGE:\3000+2オーダー


今月のソロは水戸で。名店『Girl Talk』で美味しい料理とお酒と音楽を楽しまれてはいかがでしょう。
土曜の夕方ですので遠方からも来やすいかも!!!


8月28日(水) 浅草今戸『長昌寺』
異種混合アートイヴェント『久遠 令和編 〜観夢の堂』
石井彰(鍵)小林真由子(箏)石井智大(提琴)白石雪妃(書)加藤ひろえ(華)近藤BOSS功史(写)
18:30 開場 19:00 開演 入場料\2,000
台東区今戸2-32-16
問い合わせ synchronicityakira@gmail.com(石井)


浅草の名刹長昌寺の観音堂。浅草寺から来られたという秘仏聖観音がおられる凛としたお堂がアート空間として動き出すのを是非ご一緒に体験しにいらして下さい‼️
鈴木海光住職から法華経の世界のお話も伺いました。仏の世界は現世のすぐ近くにあるのだ。それに気付ける事が幸せを得ること、すなわち仏の世界を感じる事。
それぞれが思い描く世界を全くの即興で描いて行きます。夏とはいえ、冷房完備のお堂ですので夕涼みがてらお気軽にいらして下さい。予約も特に必要ありません。


8月29日(木)
石井彰Trio Tour 金澤英明(b)江藤良人(ds)
名古屋『Mr.Kenny's』
18:00 open 19:30 start m.c.\3,500(当日\4,000)
名古屋市中区金山5-1-5 満ビル2F
052-881-1555

8月31日(土)
石井彰Trio コンサート 金澤英明(b)江藤良人(ds)
岡山倉敷『倉敷芸文館』
19:00 start チケット\3,500 当日\4,000
お問い合わせ  09048966077(土井) 09075921184(薄井)


このコンサートは友人の土井美智子さんが企画して下さいました。「球脊髄性筋萎縮症」という難病と闘っているいる僕を励ましてくださるコンサートです。山陽新聞の記事にも取り上げられました。ありがたいことです。

9月1日(日)
石井彰Trio Tour 金澤英明(b)江藤良人(ds)
高松『So Nice』
15:00 start m.c.\3,500
香川県高松市丸亀町9−7 杉山ビル2F
087-873-2117



投稿者 石井彰 : 13:35 | ライブ | コメント (0) | -

Transfomation Tour 2019

明後日7月10日からツアーに出ます‼️今回は初の試み、3つの形態でのバンド、『慶派Duo』『Chamber Music Trio』『元祖石井彰Trio』という風にツアーが進むにつれ変化して行きます。人呼んで『Transfomation Tour 2019』(呼んでない?😅)というタイトル。長丁場ツアーになりますが、休日を取りつつのんびり無理せず頑張ります。どうぞよろしくお願いします😉❣️

『慶派Duo』石井彰(p)杉本智和(b)
※仏像鑑賞に目が無いこの二人。南北朝時代からの仏師の総称「慶派」この名を名乗る為の試験に受かって名を授かった事から命名されたDuo。


7月10日(水)浜松『田町サロン』
開場18:00 開演19:00
料金(1drink付き)ゴールド会員:2,000円、一般:3,000円
浜松市中区田町326-28 アートフォルム田町1階
TEL:053-413-3908

7月11日(木)倉敷『アベニュウ』
オープニングアクト Su-Chel-Ma!
18:30〜OPEN19:30〜START
チケット前売\3500 当日\4000
倉敷市本町11-30
TEL:(086)424-8043


『Chamber Music Trio』石井彰(p)須川崇志(vc)杉本智和(b)
※チェロ、コントラバス、ピアノというありそうで無い編成のTrio。合言葉は「漆黒の浪漫」。


7月13日(土)福岡大橋『bar 柑』
17:30 open 18:30 start
料金 \4,800
福岡市南区大橋2-17-17
TEL:092-555-2829

7月14日(日)熊本『酔ing』
17:00 open 18:00 start
Charge 4,300yen
主催;JAZZ In Kumamoto
熊本市中央区花畑町10−10 中山ビル2F
TEL:096-356-2052

7月15日(月)佐賀『シネマテーク』
18:30 open 19:00 start
チャージ3,500円【学生】2,500円(要1ドリンクオーダー)
佐賀市大財 1-5-60 
TEL:0952-28-6708


『元祖 石井彰Trio』石井彰(p)杉本智和(b)江藤良人(ds)
※2000年結成から約20年に渡りオーソドックスなトリオ編成で自分の理想の音楽を追求し続ける老舗トリオ。


7月17日(水)丸亀『SPACE Romper』
18:30 open 19:00 start
チャージ\3,500
香川県丸亀市港町307-8
TEL:0877-24-8651

7月18日(木)徳島『花杏豆』
18:30 open 19:30 start
\4,500食事付 \3,500ドリンク付
徳島市八万町上長谷81-3
TEL:088-668-6465

7月19日(金)名古屋『Mona Petro』
18:00 open 19:00 start
チャージ\2,500
名古屋市中区栄1丁目2番49号 テラッセ納屋橋1階
TEL:052-684-9860


投稿者 石井彰 : 19:48 | ライブ | コメント (0) | -

シンガポールの歌姫来日!

『日本の皆さんこんにちは!!!私は今夜Body & Soulで石井彰 須川崇志 Gene Jacksonと共に貴方の為に歌う事を楽しみにしています。よろしくお願いします😊』 Rani Singam

いよいよ本日『Body & Soul』からRaniさんの日本での3日間が始まります。彼女の歌声はこの梅雨空を吹き飛ばしてくれるでしょう‼️皆さんどうぞよろしくお願いします。彼女の声には何か特別な波動が宿っていると思います。彼女の発する言葉〜僕は英語も弱いし言葉一つ一つの意味は半分も分からないのですが〜人間の本能として感じ取り心を揺さぶられるのを感じるのです。

Raniさんは周りをハッピーな空気で包み込む太陽のような人間。深く温かく心を満たしてくれる事でしょう。

僕は彼女の事を日本の皆さんに知ってもらいたい‼️そう思っています。遠くシンガポールから1人やって来る素晴らしいミュージシャン。僕達は温かく迎えてあげたいという気持ちで明日からの三日間全力で頑張ります。

Rani Singam(vo)石井彰(p)須川崇志(b)
Gene Jackson(ds)



7月4日(木) 南青山『Body&Soul』
M.Charge \3,800 (会員\3,300)
Open 7:00 pm, 1st 08:00 pm, 2nd 09:30 pm
東京都港区南青山6-13-9 TEL. 03-5466-3348

7月5日(金) 吉祥寺『SOMETIME』
19:30〜/21:00〜 Live Charge 2,500円
武蔵野市吉祥寺本町1-11-31 B1F
TEL:0422-21-6336

Rani Singam(vo)石井彰(p)Duo

7月6日(土) 本八幡『Cooljojo jazz+art』
open19:00 start19:30/\3,000(+order)
千葉県市川市八幡2-16-16 クレール本八幡B1F
(Gパン屋"サカイ"さんの地下)
080-2624-0879

投稿者 石井彰 : 13:57 | ライブ | コメント (0) | -

Bill Evans 3


Bill Evans のドキュメンタリー映画『Time Remembered』でのライブの追加公演決定です!!!!

6月15日(土) アップリンク渋谷での昼間の上映後です。映画のタイムスケジュールは例によって数日前にしか分かりません。アップリンクのHPをチェックして頂きたく存じます。

今回は井上陽介bとのデュオになります。彼とは大阪音大時代に同時期にジャズを始め研鑽し合った仲。ビル・エヴァンストリオをよく研究しておりました。もう35年くらい前の話ですけどもね〜。僕はエバンスを、彼はスコットラファロとエディゴメスがアイドルでしたから、その頃の事が蘇るでしょう。

そして、6月9日(日)にあります、ディスクユニオン御茶ノ水Jazz Tokyoでのインストアライブは、18:00からスタートになりました。杉本智和bとのデュオライブとトークです。こちらは観覧無料ですので、どしどしお越しください!!


この前映画を見て、使用された映像や音で一番心に残ったのは、「N.Y.C's No Lark」という曲でした。これは綴りを並べ替えると、「Sonny Clark」となる。麻薬中毒で若くして亡くなったソニークラークに捧げた曲だ。

ビルは、自分に近しい人に曲を書いていた。「Waltz for Debby」「Turn Out The Stars」「One for Helen」「B minor Waltz」「Letter to Evan」「We will meet again」「Tiffany」。。。。もっとあるだろうなあ。これらの中でも「N.Y.C's No Lark」は異彩を放つ曲だ。友達を失った悲しみ、鎮魂の曲だと思うのだが、自分も麻薬中毒であったBill Evans本人の心の中の不安や恐怖、葛藤が現れていると思うのだ。
これは『Conversations with Myself』という一人で多重録音している作品。そんなに面白いものではないと僕は思うのだが。。。しかし、この「N.Y.C's No Lark」は作品としてもアプローチとしても興味深いものがある。陰鬱に響くコードにアブストラクトで不安げなラインが重ねられて行く。

ビルはタッチが綺麗で(弱いという意味ではない)、とても美しいサウンドを持っている。力強さは死の直前まで失われる事はなかった。
ところが、いくつかの作品でタッチが「荒れる」のを聞く事ができる。具体的な話は6月9日のトークで喋ろうかなとも思うし、ブログで詳しく書こうと思うかもしれないが、アラ探しみたいな事をしてもねえ(^_^;)

この「N.Y.C's No Lark」ではビルの珍しいタッチが聴ける。まだ映画を見ていない方はそんな点も頭の隅に置いて見てみるのもいいかもしれません。

投稿者 石井彰 : 18:22 | ライブ | コメント (1) | -

Bill Evans 2

GW公開のBill Evans ドキュメンタリー映画『Time Remembered』上映&Liveに出演に向けて、改めてBill Evansを聴き直している今日この頃です🎹♫

神がかったメンバーで創造する喜びに満ち溢れた初期トリオ、Scott LaFaroを失い失意の底で自分の内面に向き続けた第二期、Eddie Gomezという相棒に出会い再び心の底からメラメラとやる気が起こるものの、どこかドラマー選びに苦労してた様に思える中期、Eddieが抜け、Marc Johnson,Joe La Barberaという初期に匹敵する三角形を築けた最晩年。

Scott LaFaro亡き後、Paul Motianはしばらく一緒だったが、Chuck Israelとの折り合いが良くなかったのか、退団。メンバーを模索するかの様に、Jim Hallとのデュオ、ソロを弾いたり。ヨーロッパのメンバーとやってみたり。Eddie Gomezが右腕となるものの、ドラマーが定着せずオーディションを繰り返していた様だが、なぜMarty Morellに落ち着いたのか?困った時のPhilly Joe Jonesは生涯続いたが。その後のEliot Zigmundが僕にはベストに思える。ところがある筋から聞くところによると、Eliot ZigmundはBIll Evans Trioに在籍した事に触れられると不機嫌になるとか。。。。何故なのか?

などなど、知りたい謎が沢山あります。自分なりの推察はありますが。。。こういう事も映画で少しでもわかると興味深いなと。



最近Billの生涯に、「巨人の星」の星飛雄馬の大リーグボールが重なって来てしまうのです。ライバル花形滿の言葉を借りれば「大リーグボール3号は白い血に染まったボールを投げているのだ!」。

Billは最後に白いけれども温かい血に塗れた音、自分の心を受け止めて音楽へ昇華する相棒を見つけたのだと思ってます。

もうBill Evansが亡くなった歳より僕は長く生きています。若い頃、ただ憧れで聴いていた時とは違った聴き方をしているなあ〜と思う今日この頃です。


5月3日 (金) アップリンク吉祥寺 13:20上映の回終了後ライブがあります!
石井彰(p)金澤英明(b)
5月18日(日) アップリンク渋谷 13:20上映の回終了後ライブがあります!
石井彰(p)金澤英明(b)


最新情報ですが、ディスクユニオン御茶ノ水にて、『Bill Evans 生誕90年』記念フェアにてインストアライブが決定しました。ここではトークもたっぷりしようかなと思ってます。

6月9日(日) ディスクユニオン御茶ノ水 Jazz TOKYO
石井彰(p)杉本智和(b)  18:00スタートです。

投稿者 石井彰 : 20:11 | ライブ | コメント (1) | -
<< 2020年2月  
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
Categories